加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » 女性の方がニオイがキツイって本当?

女性の方がニオイがキツイって本当?

ここでは女性の加齢臭対策と、男性よりニオイが強いと言われる理由について説明しています。

女性の方が加齢臭が強いといわれる理由

加齢臭の原因ノネナールを作り出す脂肪酸の9-ヘキサデセン酸は、男性、女性ともに40歳を過ぎた頃から急激に分泌量が増え始めます。

一般的に加齢臭はオヤジ臭いという言葉に表れているように中年男性に特有のものと考えられがちですが、加齢臭の原因物質は男性にも女性にも同じように存在しているのです。

しかも女性の場合は加齢臭が出始める時期と女性ホルモンの分泌が減り始める時期が一致しているため、男性に比べて年齢とともに加齢臭のニオイが強くなる傾向があります。

女性の加齢臭が年齢とともに強くなるのは

女性ホルモンは皮脂の分泌量を抑制する働きがあります。加齢によって女性ホルモンの分泌が減り始めると、それにともなって分泌される皮脂の量が増えていきます。

皮脂は酸化されると過酸化脂質に変化して毛穴などの中に溜まります。この過酸化脂質と、加齢臭の原因物質を作り出す9-ヘキサデセン酸が毛穴の中で出合うと、連鎖的な酸化分解反応が起こって加齢臭の原因になるノネナールをハイペースで作り出します。

男性の場合は60歳を過ぎた頃から、男性ホルモンが減少することによって分泌される皮脂量も減少します。

そのため男性では高齢になるに従って加齢臭が減少していくのに対して、女性の場合は歳をとるごとに女性ホルモンの分泌量がさらに減っていくため皮脂が増えていきます。

女性が高齢になるほど加齢臭が強くなる傾向があるのは、そのためです。旦那さまの加齢臭に眉をひそめている女性は、いつか立場が逆転するかも知れないということを知っておく必要があるでしょう。

女性の加齢臭予防

女性の加齢臭が男性よりも強く、歳をとるごとに匂いがエスカレートしていく原因は女性ホルモンの減少にあることが解りました。

女性ホルモンの分泌量をできるだけ減らさないようにすることができれば、加齢臭の悪化も予防することが可能です。女性ホルモンを活性化するための方法としては、次のようなものが考えられます。

  • 女性ホルモンを活性化する植物成分の摂取
  • 漢方薬やハーブの活用
  • 女性ホルモン補充療法

女性ホルモンの働きを活発にしてくれる成分に「植物性女性ホルモン様成分(植物性エストロゲン)」というものがあります。

植物性エストロゲンは体内に入ると女性ホルモンと同じような働きをすることが、実験によって確認されています。

植物性エストロゲンには大豆イソフラボン、合成エストロゲン(イプリフラボン)がありますが、市販のサプリメントにも植物性エストロゲンを効率良く摂取できる商品があります。

また漢方薬やハーブの中にも女性ホルモンの働きをサポートしてくれるものがあります。当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、女神散(にょしんさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などは婦人病に効果がある漢方薬として知られていますが、女性ホルモンの働きを活発にしてくれることでも有名です。

更年期障害の治療で行われるホルモン補充療法も、加齢臭の予防・改善には効果があると考えられます。しかし加齢臭を改善するだけの目的でホルモン補充療法を行う人はいないでしょうから、本当に最後の手段と考えて良いと思います。加齢臭の悩みと酷い更年期障害がある場合は、病院で相談してみると良いでしょう。

 
ページの先頭へ