加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » きつい臭いがするワキガの対策法は?

きつい臭いがするワキガの対策法は?

ここでは、脇の下からするワキガの臭いの原因とその対策方法について紹介します。

なぜワキガになってしまうのか?

ワキガと聞くと「脇の体臭がきつい人」と思いがちですが、実はワキガと体臭は少し違います。

汗をかいたときに発生する臭いは、汗を拭き取る、入浴後に清潔さを保つなどの対策法で解消できます。ワキガも、これらの方法で軽減はできますが、根本的な解消はできません。

ワキガの直接的な原因と考えられているのは、人間の体にある「アポクリン汗腺」です。

本来は体温を下げるための冷却システムのような役割を担っているのですが、この「アポクリン汗腺」から分泌される汗は脂肪やたんぱく質を多く含んでおり、これらが皮膚の表面にいる細菌・雑菌によって分解されると、おなじみのすえたような臭いを発生させます。これがワキガです。

ちなみに、この「アポクリン汗腺」は、陰部や乳輪にもあるため、ワキガと同種の臭いの原因になっています。しかし、このようなワキ以外のワキガ臭は「スソワキガ」という名前で呼ばれています。

今すぐできるワキガセルフチェックの方法は?

ワキガ体質の人には、いくつか共通点があるのはご存知でしょうか。ここでは、自分がワキガ体質なのか、今すぐチェックできる方法を紹介します。

  • 洋服のワキ部分に黄ばんだシミがあるか
    下着のワキ部分や白の洋服に黄ばんだシミができやすい場合は、ワキガ体質の可能性が高いので注意が必要です。アポクリン汗腺の汗には臭いの原因となる成分が多く、それによって黄ばみやシミができます。あまりにも色が濃ければ、ワキガかもしれないと疑った方がいいでしょう。
  • ワキ毛が濃いか
    ワキ毛の数ではなく、濃さを確認してください。女性は毛の太さがしっかりしていて、一つの毛穴から二本生えているか。男性はやわらかくサラッとした毛が広い範囲に生えていればアポクリン汗腺が多く、ワキガになりやすいと言えます。
  • 耳アカがベタベタしているか
    実は耳の中にもアポクリン汗腺があるのです。耳アカがベタベタしていれば、耳の中にアポクリン汗腺が多く、そのためワキの下にも多いと考えられます。また、ワキ毛と同じように、耳の中にある毛が太くて多いか、確認するといいでしょう。
  • 両親がワキガ体質であるか
    ワキガ体質は、3割ほどの確率で遺伝すると言われています。もし両親がワキガ体質ならば、自分もその可能性があると考えてください。

あくまでもセルフチェックなので、確実にワキガであると断定はできません。ですがチェックした結果、三つ以上当てはまるのであれば、すぐに専門の病院で確認することをおススメします。

嫌なワキガを撃退するための対策法は?

ワキガを撃退するためには、さまざまな対策法があるといわれています。そこでここでは、自宅でも手軽にできるワキガ対策法を紹介してみましょう。

  • 食生活を変える
  • 清潔を心がける
  • 腋毛を剃る

日常で肉をはじめとする動物性たんぱく質を大量に含んでいるものをたくさん食べていると、体臭自体が強くなってしまいます。

ワキガの原因となる汗の中にも、脂肪やたんぱく質が含まれているので、日頃の食生活でその元を改善していくことが、結果的にワキガ対策につながっていきます。

抗菌使用の石鹸やボディーソープを使用するとよいでしょう。ただし、肌に強い刺激を与える成分が含まれていると、肌荒れなどの症状を引き起こしてしまうことにもなるので、なるべく低刺激で自然由来の成分が配合されているものを使うと効果的に消臭効果を得られます。

その後に付ける下着には、なるべく通気性がよく「体を蒸らさない」ように配慮されたものを身につけるといいでしょう。

男性の多くは女性とは違って腋毛の処理をしていない方が多いのが現状ではないでしょうか?

実は腋毛は、汗と結びつくことで悪臭を発生させる雑菌や細菌の繁殖の原因にもなっています。始めは抵抗があるかもしれませんが、しっかりと腋毛を剃ってお手入れをすることで、ワキガの臭いを抑えられる場合もあります。

 
ページの先頭へ