加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » 効果のある足の臭い対策は?

効果のある足の臭い対策は?

ここでは靴を脱いだ時に気になる強烈な足の臭い対策についてくわしく説明しています。

足の臭いはなぜあんなに臭いのか?

足の臭いの元は大きく分けて「汗」と「雑菌」のせいだといわれています。しかし、それぞれにはそれほど強烈な臭いはありません。

靴の中は、いわゆる密閉された空間である上に、高温多湿な状態にあります。そこは雑菌が繁殖する条件を満たしており、繁殖した雑菌・バクテリアは排泄物を残します。

それに汗が合わさることにより、あの独特なすえた臭いを生み出すのです。その上、足の裏から剥がれ落ちた不要な角質が、さらにバクテリアを増殖させるという悪循環を起こします。

顔、手、首筋などとは違って、足の裏などは人前ではなかなか汗を拭い去ることができません。そういった日常のお手入れができないため、人間の部位の中で、最も不潔な部分の一つが足といわれています。

足の臭いを消し去るためのケア方法とは?

このような厄介な足の臭いを消し去るためには「靴の消臭」「足本体の消臭」を心がけることが大切です。ここでは、もっとも効果的だといわれている「足本体の消臭」について紹介していきます。

やはり重要なのは入浴時のケアです。臭いの気になる方は、お風呂に入っている時に、入念な足のケアを行っていきましょう。

  • 足を湿らせる
  • 石鹸などでやさしく洗う
  • 乾燥させる
  • 手入れをする

まず、足を十分に湿らせて、染み付いている汚れを浮き上がらせましょう。シャワーでざっと洗ってしまうよりも、洗面器に一旦お湯を張り、ゆっくりと時間をかけて足を浸けてみると効果的です。

十分い汚れを浮き上がらせたら、今度は殺菌効果の高い石鹸で、臭いの元になっている雑菌・バクテリアを取り除いていきます。

この時には、直接足に石鹸をこすりつけるのはなく、たっぷりと手に石鹸を泡立てて、やさしく洗っていくといいでしょう。特に、汚れが溜まりやすい親指の両脇は入念に洗ってください。

やさしく手で洗い上げた後は、清潔なタオルで足についている水分を拭き取ります。使用するタオルは、必ず洗濯した清潔なものを使用すること。使い回しのタオルは雑菌が付いていることが多いので控えましょう。

最後に足の手入れをしていきす。長くなっている爪は雑菌が繁殖する原因になるためきれいに切り取りましょう。この時に、制汗スプレーやクリームを塗っておくのもいいでしょう。

雑菌が増殖する原因にもつながる肌の角質の手入れも忘れずに行います。

これらの工程を毎日行うだけでも、足の臭いは十分に抑えることができます。ぜひ試してみてください。

 
ページの先頭へ