加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » 間違った加齢臭対策とは?

間違った加齢臭対策とは?

ここではよくやりがちな、間違った加齢臭対策について紹介していきます。

香水やオーデコロンではごまかせない加齢臭!

加齢臭対策として一番間違ってほしくないのが、香水やオーデコロンでごまかすこと。極端に言うと、トイレ掃除をやらないでトイレに芳香剤をたくさん設置するのと同じ。トイレの中が芳香剤の香りで充満しているからといって、すがすがしい気持ちにならないですよね。色々な匂いが混ざって結局嫌な気持ちになります。まずは綺麗にトイレ掃除をして、それから芳香剤をおくのが望ましいです。加齢臭対策も同じことが言えます。香水やオーデコロンなど、加齢臭や体臭を隠すほどの強力な香りは、結局周りの人に迷惑をかけてしまうのです。きちんと身体を洗わず、皮脂汚れを落とす洗濯もしない…。香水やオーデコロンだけだと、加齢臭や体臭などが混ざった悪臭になります。

女性の嫌う男性の匂いは、1位加齢臭、2位香水です。つまり多くの女性は、男性に香水の香りを求めていません。特に中年男性で、加齢臭を隠すために香水に頼るのはやめましょう。香水やオーデコロンの匂いに慣れていないせいで、大量にかける中年男性が多いです。どんどんエスカレートしてしまい、加齢臭や体臭は改善できないのに、香水やオーデコロンの量が増えていく傾向があります。

香水と加齢臭は悪臭のワンツーフィニッシュの組み合わせです。加齢臭対策をせずに、香水やオーデコロンで隠すのは間違った対策なのです。本来の良い香りをひきだすためにも使用する前に、しっかりと加齢臭を打ち消すことが大切。周りの人を不快な気持ちにさせないために、正しい加齢臭対策をしていきましょう。

洗いすぎるのもよくない!

加齢臭を悪化させてしまう間違った対策として、身体を洗いすぎてしまうケースがあります。「身体を綺麗に洗うのは大切じゃないの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。確かに加齢臭対策には、身体を綺麗に洗うことが大切です。身体全体や匂いの元となる皮脂が多い顔や耳の裏、頭皮などを綺麗に洗って取り除かなくてはなりません。

これだけを聞くと皮脂はいらないものと思ってしまう方がいるかもしれせんが、皮脂は身体に欠かせない必要なものです。外部からの刺激や雑菌から守るバリアや、皮膚を乾燥から防ぐ役割があります。

入浴時に強く洗いすぎて、皮膚を傷つけたり、皮脂をこすり落としすぎてしまうと、身体は補充しようとして大量の皮脂を分泌します。これが、加齢臭の悪化に繋がります。入浴時は、皮膚を傷つけない次のような洗い方が望ましいです。

  • タオルでゴシゴシ洗うのはやめる
  • 優しく丁寧に洗う
  • できれば手で洗ったほうが良い
  • 石鹸もしくはボディーソープをしっかり泡立たせる

加齢臭の主な原因は皮脂であり、皮脂の分泌量を抑えるのが大切です。皮脂を適度に保つためには、しっかりと泡立てた状態で身体を洗いましょう。毛穴の奥まで綺麗に洗えて、余分な皮脂を落とさせます。

体全体を洗うのは1日に1回入浴時、皮脂の分泌量が多い耳の裏や顔、頭皮は朝と晩の合計2回で十分なので参考にしてくださいね。

 
ページの先頭へ