加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » 日常生活でできる予防法は?

日常生活でできる予防法は?

ここでは日常生活でできる加齢臭対策について紹介しています。

加齢臭を強める食べ物と予防する食べ物

加齢臭は皮脂や、皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸という物質が酸化することによって発生します。酸化を促している物質は過酸化脂質と呼ばれる、活性酸素によって酸化された脂肪分です。

過酸化脂質の増減は食事の性質と大きな関わりがあるため、食事の内容に注意することによって加齢臭の発生にも一定の抑制が可能と考えられます。また脂肪を酸化させて過酸化脂質を作り出している活性酸素は、抗酸化物質の摂取によって抑制することができます。

動物性脂肪の摂取量を減らす

動物性脂肪は体内の脂肪分を増やすことで過酸化脂質の生成も増加するため、加齢臭の発生を促進させます。

また動物性脂肪を摂取すると小腸で吸収された脂肪分が皮脂として分泌されるため、皮膚環境が脂っぽく汚れやすくなります。

汚れや老廃物を多く含んだ表皮で酸化反応が促進されると、9-ヘキサデセン酸から発生したノネナールだけでなく老廃物や汚れの酸化臭も一緒になってさらに悪臭が強くなります。

肉料理に偏った食生活は体内の活性酸素も増やすため、加齢臭対策のためには偏りのないバランスが良い食生活を心がけることが大切です。

抗酸化物質を摂取する

抗酸化物質の摂取は体内の活性酸素を減らして、過酸化脂質の生成を抑制する働きがあります。

過酸化脂質が減少すると9-ヘキサデセン酸の酸化反応も起こりにくくなるため、結果的にノネナールの発生を抑えて加齢臭の予防に役立ちます。抗酸化物質を多く含む食品には次のようなものがあります。

【ビタミンC】
オレンジ、レモンなどの柑橘類・ブロッコリ・ほうれん草・パセリ・ニラ・トマトなど

【ビタミンE】
サツマ芋・かぼちゃ・玄米・茶葉・とうがらし・アーモンド・サフラワー油など

【ベータカロチン】
のり・抹茶・煎茶・シソ・モロヘイヤ・ニンジン・パセリ・わかめ・ひじきなど

加齢臭を悪化させる生活習慣

加齢臭が発生するのは、加齢によって原因物質の分泌が増えることが根本原因です。

年齢によるものならば誰でも同じように加齢臭が発生しそうなものですが、実際は人によって加齢臭の匂い方にかなりの違いがあります。生活習慣や生活環境によっても、加齢臭が強くなること少なくなることがあるようです。

加齢臭を強くする生活習慣

不規則な生活やストレスが多い生活をしていると、加齢臭が強く出るようになります。

強いストレスを受けると胃がぎゅっと締めつけられるようになったり、ストレスが続くと胃潰瘍になることからも解るように、ストレスは直接体の機能にも影響を与えます。

不規則な生活や仕事によってストレスを受け続けていると、自律神経の働きのバランスが狂うことで交感神経の働きが活発になります。

交感神経は「闘争と逃走の神経」と呼ばれているように、強い緊張状態での活動を促す機能を持っています。

本来なら休まなければならないときに交感神経が活発に働いていると、副産物として大量の活性酸素が生成され、活性酸素は皮脂に含まれる9-ヘキサデセン酸を酸化させてノネナールを発生させ、加齢臭の匂いを生み出してしまいます。

ストレスの原因は不規則な生活や仕事の負担によるものが多いので、これを改善することで加齢臭の予防効果が期待できるわけです。しかし実際には生活の改善はできても仕事を変えることは難しいので、できる範囲で加齢臭の原因を減らしていくしかないのが実情でしょう。

入浴や洗濯の注意ポイント

加齢臭の原因物質ノネナールは脂質なので、お湯で流したくらいでは簡単に落ちません。

ノネナールをきれいに洗い流すためには、体を洗う前に少し熱めのお湯に浸かって毛穴を開いておくことがポイントです。

毛穴が開いて体が温まると、ノネナールを構成している脂質も柔らかくなって石鹸に溶けやすくなります。加齢臭が強く出る場所は耳の後ろや首、胸の中心部分、背中なので、その部分を特に意識して洗うと効果的でしょう。

洗濯の時も同様に加齢臭が強く出やすい首回り、胸、背中は、洗濯機に入れる前に部分洗いをするとニオイが良く落ちるようになります。浸け置き洗いや漂白剤の併用も効果的です。

食事や生活改善はあくまで補助的な手段

食事や生活習慣が加齢臭に浅からぬ関わりを持っていることは解りましたが、食事や生活習慣の改善だけで加齢臭が大部分防止できるかと言えば難しいと答えざるを得ません。

加齢臭の大本の原因は加齢によって9-ヘキサデセン酸の分泌が増えることにあります。食事や生活習慣の改善によってノネナールの発生をある程度は抑制できるものの、ノネナールを作り出す9-ヘキサデセン酸自体を完全に除去することはできません。

食事の乱れやストレスなどが生じれば、またすぐ元のように加齢臭が強くなってしまうのです。食事や生活習慣の改善はあくまでも補助的なものと考えて、現実的な加齢臭対策には即効性・持続性がある対策グッズを使用することが最良の方法と言えるでしょう。

 
ページの先頭へ