加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » 加齢臭のセルフチェック法は?

加齢臭のセルフチェック法は?

「加齢臭」と聞いて、みなさんはどのようなイメージをお持ちですか?ここでは加齢臭の実態と、今からできるセルフチェック法や予防法を解説します。

低年齢化する加齢臭

「加齢臭」とは何かと尋ねると、大抵の方は「オジサンのニオイ」と答える方が多いでしょう。一般的にも、本格的にニオイが強くなり、体臭が「加齢臭」と呼ばれる時期は50代からと言われています。

しかし、実際には50代よりも、若い年代で加齢臭が発生する可能性があるのです。偏った食生活や、喫煙、大量の飲酒などの生活の乱れによって、早ければ30代で加齢臭が発生します。

若いうちから「オジサン臭い」と言われないためにも、早めのセルフチェックと予防を心がけてください。

加齢臭のセルフチェック

加齢臭を発生している方の中には「自分が加齢臭を発している」と気づいていない事があります。まずはセルフチェックを通して、ニオイを確認し、自覚しましょう。

  • ティッシュで体を拭き、ニオイをかぐ
    加齢臭は耳の裏から発生すると言われています。しかし、実際には胸や背中、ワキの下など体のいたるところから出ているのです。その部分をティッシュで拭き、ニオイをかいでください。このときに、玉ねぎの腐ったようなニオイがしたら、すでに加齢臭であると言えます。
    ニオイを感じたら、一番ニオイが強い部分を確認しましょう。これによって、どこを重点的に予防すればいいか分かります。
  • 身に着けている物のニオイをかぐ
    使用済みのYシャツや肌着、枕や布団などのニオイをかいでください。特に加齢臭が発生しやすい部分にニオイがあれば、ほぼ確実に発生していると言えます。

セルフチェックの結果、自分が加齢臭だと感じる方には、早めの予防とケアが必要です。

加齢臭の的確な予防法

最後に、加齢臭を抑えるための予防法を紹介します。

  • 深酒・喫煙を避ける
    アルコールの摂取や喫煙によって、加齢臭の原因物質が生成。これが繰り返されることで加齢臭の進行がより早まってしまいます。その上タバコのニオイとも混ざるため、加齢臭を抑えたいのなら控えるべきです。
  • 適度に運動する
    運動不足になると次第に汗をかかなくなり、毛穴の中に古い皮脂がたまります。その皮脂が酸化することで、加齢臭が発生してしまうのです。毛穴にたまった皮脂はシャワーでも流れにくいので、運動して汗をかくことで排出しましょう。
  • 食生活を変える
    肉や脂っこい食事が好きな人は、野菜中心の生活に変えてみてください。野菜や果物には抗酸化物質が含まれているので、皮脂の酸化を抑えられます。

お気づきになりましたか?健康的な生活を心がければ、自然と加齢臭は抑えられるのです。それさえ分かれば、加齢臭を抑えるのは簡単だと言えるでしょう。

 
ページの先頭へ