加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » 30代からの効果的なニオイ対策は?

30代からの効果的なニオイ対策は?

毎日お風呂に入り、ちゃんと洗濯をしているのになぜか服や体がにおう。そうお悩みの方に、ニオイの理由やニオイを防ぐシャンプーの方法を解説します。正しくシャンプーをして、イヤなニオイを消しましょう。

中年からニオイが強くなる原因は?

30歳半ばを過ぎたあたりから、体のニオイが強くなった。周りから「ニオイがキツイ」と言われ「もしかして加齢臭?」と考えた方はいらっしゃいませんか?その原因についてご紹介します。

ニオイが強くなったと感じる原因は「ジアセチル」と呼ばれる成分です。汗の中にある乳酸がブドウ球菌によって「ジアセチル」が発生。それが中鎖脂肪酸と混ざることによって発生します。このとき、使い古した油のようなニオイがするため「ニオイが強くなった」と感じるのでしょう。いわゆる「加齢臭」の一歩手前のニオイだと言えるのです。

原因はわかっていただけましたか?では次に、におう部分が変わる理由について説明します。

ニオイは「ワキ」から「後頭部」へ

年齢を重ねると、頭や首からのニオイが気になるようになった。そう疑問を持った方もいらっしゃるでしょう。

その理由は、30代~50代の方は「ワキ」ではなく「後頭部」から汗をかくことが多くなるからです。汗をかくことでジアセチルが頭皮から排出。それがもともとの頭皮のニオイである中鎖脂肪酸と混ざることで「後頭部~首の後ろ」にかけてニオイが発生します。
また、40代になると頭皮脂が粘り、ニオイが蓄積され、強く感じるようになるのです。

年を取れば、におう部分が変わるのは当然。でも、このままニオイが強くなって「加齢臭」にはしたくないですよね。では、どうすれば「ニオイ」を抑えられるのか、最後に紹介しましょう。

ニオイを防ぐシャンプーの方法

頭皮のニオイを防ぐには、まず「ジアセチル」を殺菌し、頭皮脂をしっかり流せるシャンプー選びが大切です。それから、以下の方法で洗髪を行ってください。

  • 1.ブラシや手ぐしで髪や頭皮の汚れや油を浮かせて、落としやすくしましょう。
  • 2.お湯が頭皮に届くようにシャワーを当て、汚れを落としてください。このとき、お湯が頭皮に対して角度を90度にして当てると、より落ちやすくなります。シャンプーを使う前に頭皮や髪を洗うことで、粘り強い頭皮脂も流れやすくなるのです。
  • 3.シャンプーをしっかり泡立てます。頭を洗う順番は、襟足や生え際などの端から後頭部・頭頂部に向けて洗いましょう。頭皮が傷つかないように、指の腹でやさしくマッサージするように洗うことがポイントです。シャンプーを流すときも、同じようにすすいでください。より効果的に汚れを落としたいなら、2度洗いをおススメします。
  • 4.タオルを頭にのせて、タオルの上からやさしく地肌を拭きます。こうすることで髪だけではなく、頭皮まで乾かすことが重要です。

正しい対処を行うことで、ニオイを抑えることができます。気になっている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 
ページの先頭へ