加齢臭対策講座TOP » 加齢臭を予防するためのQ&Aまとめ » 汗の臭いの対策方法は?

汗の臭いの対策方法は?

ここでは、日常で気になる汗の臭いの対策方法について紹介しています。

気になる汗の臭いの原因は?

汗をかきやすい夏場などでは、汗をかいている人の近くに行くと、独特な臭いを感じる時があります。実は、汗そのものにはほとんど臭いというものはなく、正体は汗によって増殖した雑菌のせいだといわれています。

人間の皮膚には汗腺とよばれる汗を出すための器官が備わっています。

この汗腺には2つの種類があり、極度の緊張を感じた時、辛い食べ物を食した時に吹き出る汗を出す汗腺を「エクリン腺」、運動や気温が高い時に調節するために出る汗を出す汗腺を「アポクリン腺」とよんでいます。

日常で感じる汗臭さは、この「アポクリン腺」から出た汗がもともと肌にいる細菌や雑菌などを繁殖させて発生するものだといわれているのです。

汗の臭いの予防と対策方法

汗は体温が上がり過ぎないようにするための大切な冷却システムです。そのため、汗をかくこと自体は人間にとって自然な現象の一つであり、何ら恥じるものではありません。

しかし、現代社会では過度な汗臭さは人間関係を円滑にするための障害になることもあり、早急に何らかの対策を講じる必要があるでしょう。そこでここでは、汗の臭いの予防と対策方法について掲載していきたいと思います。

  • 汗をかいたらしっかりと拭き取る
  • 食生活を改善する
  • 入浴時の石鹸やボディソープを変えてみる

先ほど紹介した通り、汗そのものには臭いというものはありませんから、汗と雑菌が合わさる前にしっかりと汗を拭き取ることを心がけましょう。

夏場になると頻繁に汗をかくことが予想できるので、事前にタオルを持って出かけるとよいでしょう。余裕があるようでしたら、予備の下着を何枚か用意しておくのも効果的です。最近では汗の臭いをカットできる下着も販売されていますので、これらを活用するのもいいかもしれません。

雑菌の栄養分になりやすい動物性のたんぱく質や脂肪などの摂取を控えることも有効です。

特に、肉類にはこれらの成分が数多く含まれているので、野菜中心の食生活に変えるなど、これまでの食生活を見直していくことも汗臭さを解消につながっていきます。

汗臭さの原因には、ストレスなどから発生する疲労臭と混ざり合ったものもあります。そこで、日常で使用している石鹸やボディソープなどを、竹や渋柿などの消臭成分を配合したものに変えてみるのもいいでしょう。

毎日の入浴時にしっかりと丁寧に洗っていくことで、きっと助けになってくれるはずです。

 
ページの先頭へ