加齢臭対策講座TOP » 加齢臭対策の方法を検証してみました » サプリメント

サプリメント

ここでは加齢臭対策のサプリメントについて、特徴や代表的な配合成分の働きを紹介しています。

加齢臭対策のサプリメントとは

加齢臭対策のサプリメントは数多く発売されていますが各社それぞれで配合成分も加齢臭を抑制する仕組みも異なるため、一概に比較が行えないのが実情です。

配合成分の中に一般的に消臭効果が知られている植物成分などが含まれていることが多いようですが、消臭成分を服用することによってニオイを防ぐことができるかは、長期間使用しないとわからないことが多いです。

加齢臭対策のサプリメントの成分を大別すると、口臭などに効果がある成分と、腸内環境を整える成分に2分できるようです。

加齢臭対策のサプリメントの成分と働き

加齢臭対策のサプリメントに配合されている代表的な成分には、次のようなものがあります。

トレハロース

キノコをはじめとする種々の菌・酵母に含まれる成分です。加齢臭予防に効果があると言われるシャンピニオンエキスにも、トレハロースが豊富に含まれています。服用すると腸内で善玉菌の増殖を促進させることで、悪玉菌の働きを抑制する働きがあります。

柿抽出物

柿渋エキス、柿タンニンと表示されているものと同じです。柿渋には高い消臭効果があるため、加齢臭対策石鹸などに配合されていることが多い成分です。服用した場合は腸内環境を整えて、美肌効果が期待できます。

茶抽出物

ポリフェノールの1種、カテキンを豊富に含有しています。茶カテキンには強い抗酸化作用や殺菌・抗菌作用があり、生活習慣病や肥満を予防して体を細菌やウィルスから守る働きがあります。加齢による体の諸症状を抑制する効果があることから、加齢臭にも良い働きがあることが予測されます。

ガラクトオリゴ糖

特定保健用食品としての使用実績が長く、安全性が確認されている成分です。腸内で善玉菌の働きを活発にすることで、悪玉菌の働きを抑制します。

有胞子性乳酸菌

胞子を形成する乳酸菌で、普通の乳酸菌より熱や酸に強いため生きたまま腸に届いて腸内環境を整えます。乳酸精製能力も高いため、腸管内の乳酸発酵を促します。

デキストリン

特定保健用食品として認められている、難消化性デキストリン。トウモロコシなどの食物線維から作られています。腸内をきれいにする働きがあります。

加齢臭対策のサプリメントの例

商品名 特徴
えがおの爽臭粒 加齢臭の原因物質の発生を抑制するトレハロースを中心に、柿タンニン、茶カテキンで腸内環境を整えて加齢に伴う諸症状を緩和します。即効性は感じにくいため、長く飲み続けることが必要です。
えがおの爽臭粒の詳細情報をチェック
楽臭生活 製法特許のシャンピニオン150倍濃縮エキスが配合されています。コーヒー豆から抽出した高濃度ポリフェノールとゴボウの酵素を組み合わせた有用成分デオアタック(R)、腸まで生きて届く有胞子性乳酸菌など腸内環境を整える成分の働きで、悪玉菌が分解することによって発生する悪臭を抑制します。
楽臭生活の詳細情報をチェック
 
ページの先頭へ